エンタメ

中島美嘉が顔面麻痺で顔が変わったのは整形・ヒアルロン酸?昔と今を比較!

9月12日(土)に放送されたTHE MUSIC DAYに出演した歌手の中島美嘉さん

久しぶりのテレビ出演、しかも生放送の歌番組でしたが、

「顔が変わった?」

「顔面麻痺。。。?」

「整形したの?」

などという声がありました。

実際のところ、昔と比べてそんなに顔が変わってしまったのでしょうか?

今回は、「中島美嘉が顔面麻痺で顔が変わったのは整形・ヒアルロン酸?昔と今を比較!」と題しまして、中島美嘉さんの整形疑惑について詳しく調べてみました。

中島美嘉が顔面麻痺?顔が変わったのは整形?ヒアルロン酸?

では、まずは先日9月12日に出演されたTHE MUSIC DAYのときの中島美嘉さんを見てみましょう。

視聴者の皆さんはどのように思ったのでしょうか。

かわいいという意見ももちろんありましたが、

「顔が違う」「中島美嘉だとわからなかった」「整形した?」「ヒアルロン酸を入れたの?」というようなコメントがかなり多くありました。

確かに顔が突っ張ってしまって顔面麻痺のようにも見えました。

中島美嘉の昔と今を比較!整形疑惑を検証

では、中島美嘉さんのデビュー当時から現在に至るまで、昔と今を写真で比較してみましょう。

まずは、簡単なプロフィールのおさらいから!

中島美嘉プロフィール

生年月日 : 1983年2月19日

年齢 : 37歳(2020年9月時点)

出身地 : 鹿児島県

身長 : 160cm

血液型 : A型

2001年 デビュー当時

ドラマ「傷だらけのラブソング」に出演し女優デビュー、さらにこのドラマの主題歌「STARS」をリリースし、歌手デビューも果たしました。

画像引用元 : https://www.mikanakashima.com

2002年 1st Album TRUE

画像引用元 : https://www.mikanakashima.com

 

2005年 映画『NANA』に出演

画像引用元 : Pinterest

大崎ナナ役として出演しましたが、かなりのハマり役で話題となりました。主題歌もヒットし、映画でも中島美嘉さんのかっこよさが際立っていましたね。

2008年 ORION

画像引用元 : https://www.mikanakashima.com

画像引用元 : https://natalie.mu

東野圭吾さん原作・宮藤官九朗さん脚本・二宮和也さん・錦戸亮さん・戸田恵梨香さん出演のドラマ「流星の絆」の主題歌として有名な曲ですね。

2010年 ドラマ『うぬぼれ刑事』に出演

 

長瀬智也さんと宮藤官九郎さんがタッグを組んだTBS系金曜ドラマ「うぬぼれ刑事」に出演。そして挿入歌である『一番綺麗な私を』を発売。

ドラマでは作品の重要な役どころを演じていました。

また、この年の10月に両側耳管開放症の悪化を理由に、当面の音楽活動休止と治療への専念を表明されました。

翌年2011年4月に音楽活動再開となりました。

2014年 バレーボール選手の清水邦広さんと結婚

2014年12月25日、バレーボール選手の清水邦広さんと入籍されました。

2016年

 

2017年

 

2018年

 

こちらはスッピンですかね?

また、2018年2月には、清水邦広さんとの離婚を発表されました。

 

2019年

 

 

2020年

 

 

デビューから2020年までを振り返って、中島美嘉さんの昔と今を比較してみました。

曲のイメージによってその都度ヘアメイクが変わるので、全然雰囲気が違って見えることも多いアーティストさんですよね。

個性的でミステリアスなヘアメイクが特徴でもある中島美嘉さん。

以前から整形疑惑はありましたが、メイクによるものではないかという意見が多かったのですが、ここ数年は整形ではないかという意見が多いようです。

現在37歳ということで、デビューした10代の頃と比較してしまうと、誰でも変わっているのは当たり前だと思いますが、2017年頃からはテレビなどに出演した際、「別人のようだ!」と言われることが多くなってしまったようですね。

おそらくヒアルロン酸注入かボトックスではないでしょうか。。。

 

まとめ

今回は、「中島美嘉が顔面麻痺で顔が変わったのは整形・ヒアルロン酸?昔と今を比較!」という記事でした。

耳の病気や離婚など、辛いことを乗り越えてきた中島美嘉さん。

一時期は激ヤセも噂されましたので、顔が昔と違うというのもそういった精神面での影響もあるのかもしれません。

10月7日には、3年半ぶりのオリジナルアルバム「JOKER」をリリースされる中島美嘉さん、今後も素敵な曲をたくさん披露して欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。